RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
『100人の村』の話
 よいお話を見つけたので紹介します。




世界がもし100人の村だったら

在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。その村には・・・

 57人のアジア人

 21人のヨーロッパ人

 14人の南北アメリカ人

 8人のアフリカ人がいます


 52人が女性です

 48人が男性です 


 70人が有色人種で

 30人が白人


 70人がキリスト教以外の人で

 30人がキリスト教


 89人が異性愛者で

 11人が同性愛者


 6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍

 80人は標準以下の居住環境に住み

 70人は文字が読めません


 50人は栄養失調に苦しみ

 1人が瀕死の状態にあり

 1人はいま、生まれようとしています



 1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け

 そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています

 もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
 
 相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、
 
 そして、そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火をみるよりあきら  
 かです。



 パート2
 
 また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。
 
 もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができ 
 たなら・・あなたは今いきのこることのできないであろう100万人の人たちより 
 恵まれています。
 
 もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、あるいは飢えの悲痛を一 
 度も体験したことがないのなら・・・あなたは世界の5億人の人たちより恵まれ
 
 ています。


 もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を感じ 
 ることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・あなたは世界の30億人 
 のひとたちより恵まれています。
 
 もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があ 
 るのなら・・・あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています。
 
 もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ
 
 物があるなら・・・あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの
 
 ひとりです。
 
 もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・それはと
 
 ても稀なことです。
 

 もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間二倍の祝福を  
 うけるでしょう。なぜならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて, 
 その上あなたはまったく文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれ 
 ているからです。
 
 
 パート3
 

 昔の人がこう言いました。 わが身から出るものはいずれ我が身に戻り来る、 と。
 
 お金に執着することなく、喜んで働きましょう。
 
 かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう。
 
 誰もみていないかのごとく自由に踊りましょう。
 
 誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。
 
 あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう。




 自分はこの詩を最初に読んだ時

 我が目から落ちる滴をどうにも出来ませんでした。


 今の自分の悩みなんて

 ほんのちょっとしたものなんだよね

 だって自分よりたくさんの苦労を抱え
 
 たくさんの努力をしている人

 いっぱい居るんだよ

 でもかなわない。。。

 
 そして自分は思ったんだ。

 誰かの為になる事をしたい

 それが自分がこの世に魂を与えられた

 その事に対する本当の「意味」なんだってね
author:HASSE, category:独り言, 03:54
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:54
-, -, pookmark
Comment
自分がどれだけ恵まれていて幸せなのか、改めて感じられました。当たり前の日常に感謝して、家族を大切にしたいと心から思えました。はっせのブログを見ると、心が洗われます。いつもありがとう☆
みゆき, 2010/07/07 11:40 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/08/27 8:58 AM









Trackback
url: http://hasself.jugem.jp/trackback/235